「従業員より」の記事一覧

なおやん おすすめ 群馬隠れ名所その② 沼田の海

むかし、むかし。

まあ、だいたい数十万年くらいむかしです。

沼田盆地が今ある場所は、それはそれは大きな湖だったのです。

ご存知でしたか? ちなみに、沼田市在住のわたしは、先週知ったばかりです。

「古沼田湖」と呼ばれるこの湖は、赤城山の噴火したときの噴出物が、利根川を堰き止めたことでできた湖で、東西約14キロ、南北約8キロという、ものすごい広さがあったそうです。まさに海ですね。

やがて時が経つとともに、湖を塞き止めていた噴出物が崩されていき、ふたたび利根川は大地を削りながら河川を成長させていったのでした。

その結果としてできたのが、全国的にも特異とされる「河岸段丘地形」で、沼田周辺に絶景ポイントが多数存在する所以なのです。

IMG_0117

↑ 沼田公園からの眺め!

そんな沼田市周辺には、≪沼田の海≫にまつわる伝説がいくつか伝わっています。

・伝説その1 むかし、むかし。沼田はおおきな沼で、利根の海と呼ばれていた。日本武尊が船でこの沼を渡り、悪者を平定した。のち、諏訪神が沼を干し、陸とした。

・伝説その2 推古天皇の時代、大仁鳥臣という人が勅を奉じて沼から水を抜き、艱難辛苦の末に治水工事を成し遂げて、良田を得たという。

 

老神温泉にお越しの際は、ちょっとむかしのことに思いをはせながら、この辺はぜんぶ水の底に沈んでいたんだなぁと、まわりの景観を楽しみながら来ていただけたら幸いです。

なおやん おすすめ 群馬隠れ名所その① 戸神山

あけましておめでとうございます。

今年から紫翠亭に配属となりました なおやん でございます。

今冬はあまり雪が降らず、過ごしやすい日が続いているので、
ちょっとそこまで、山に登りに行って参りました。

戸神山(とかみやま)です。
地元の低山ですが、「沼田インター近くの三角の山」と言えば、沼田に来たことがある人にはだいたい通じるはず。

IMG_2718

登山口は虚空蔵尊がある戸神口と観音寺がある下発地口の二箇所。どちらも駐車場に停められます。片道30分~1時間くらいで山頂です。

近隣住民の方々が続々とやってくる社交場です。
最初はひとりだったのに、登っているうちに、ひとりまたひとりと挨拶を掛け合い、仲間がだんだん増えていく不思議な展開…

天気さえ良ければ、ほぼ毎日通うという常連さんも多数。
絶景ポイントや山の名前、ちょっとした逸話など、教えていただけました。

山本さんという方が、倒木をつかって彫刻をつくっているそうで、山のあちらこちらに木彫りの動物がいます。
これを探すのも、戸神山の楽しみのひとつ。今回は上級者の方が案内してくれたおかげで、たくさん見ることができました。

IMG_2717

子ざるは今年の新作だそうですよ。

そして… なんと山頂からは富士山が!!!

IMG_2701

ちょうどまんなかの遠くに! うっすらと!!

うーん、肉眼では見えたんだけどなあ…

是非みなさま、登山大国群馬にお越しの際はハイキングをお楽しみくださいませ!