水芭蕉のシーズンまであと少し! 尾瀬ヶ原周辺の残雪状況【2017年5月下旬】

雪解けが待ちきれず、とうとう尾瀬に行ってしまいました。なおやんです。

5月23日時点では、尾瀬ヶ原はこんな感じ。
木道が出ているところも、雪で覆われているところもあります。
ここ何日か、暑い日が続いたので、
急速に雪が融けてきている模様です。

なお、すでに鳩待峠口はマイカー規制になっているので、
手前の戸倉駐車場より、乗合バスに乗って鳩待峠に向かいます。

(戸倉駐車場の駐車料金は1台1,000円、乗合バス代は一人片道980円)

鳩待峠まで雪はなく、新緑がきれいですが、
鳩待峠から先の森は、まだ芽吹いたばかり。残雪も多いです。
雪を踏み抜いたり、足を滑らせたりしないように慎重に歩きましょう。
まだしばらくは冬用の登山靴が必要です。

林道の途中で、ミズバショウが咲いていました。

樹林帯を抜けた先、
山の鼻周辺の湿原は、一面の雪。

牛首分岐まで来ると、小さなミズバショウが木道の下に隠れていました。

道中、山小屋の方たちが、除雪作業をしていました。
木道から雪を降ろしたり、歩きやすいよう山道の雪にステップをつけてくれたり。
おかげで6月に入る頃には、おおむね雪はなくなっていそうです。

雪があろうとなかろうと、好天気の尾瀬はとても暑いです。
水分補給、服装、日焼け対策にしっかり注意しましょう。

カテゴリー: 老神周辺情報, 季節情報 パーマリンク